6階南病棟(整形外科病棟)で働く先輩

1年目から看護師として学ぶためには本院が最適

若杉さん

看護師

■プロフィール
・山梨大学(2014年)卒
・山梨大学医学部附属病院歴4年
・6階南(整形外科)病棟勤務

若杉さんの仕事に取り組む姿勢

整形外科には主に腰や股関節、膝関節、腕の骨折など、痛みやしびれにより日常生活に支障がでて、入院している患者さまが多くいます。入院しているほとんどの患者さんが手術を行うので、周手術期では全身状態の観察や点滴の管理、リハビリ期では医師や理学療法士とも連携をとり、病棟でもリハビリを行い、患者さまが少しでもよくなって自宅に帰ることができるように手助けを行っています。

Q&A

Q1.山梨大学医学部附属病院についてはもともと知っていましたか?
看護師を目指す前から知っていました。高度な医療を提供しているという印象でした。

Q2.入職のキッカケを教えてください
学生時代から実習でもお世話になっており、病院のことや雰囲気を見ることができていました。また大学病院であり高度な医療を学ぶことができ、1年目から看護師として学ぶためには本院が最適だと思いました。

Q3.病院の良いところ、お勧めポイントを教えてください
新棟ができたばかりなので、明るくきれいな病棟で働くことができます。医師や看護師、理学療法士など様々な多職種の人たちと接することができます。

Q4.病棟の良いところ、お勧めポイントを教えてください
教育制度がしっかりしており、入職時からプリセプターの先輩をはじめ、様々な先輩たちがしっかりフォローをしてくれましたので、安心して患者さんと関わることができました。年齢の近い看護師も多く、相談をしたり、仕事が終わって食事に行ったりと心強い同期や先輩、後輩たちと仕事ができます。

Q5.休日の取りやすさ(連休、有給消化率など)について教えてください
希望休を入力することができるので自分の希望通りに連休をとることができます。

Q6.希望休は通りますか? また、希望休は何日申請できますか?
私の病棟では希望休が申請でき、希望通りのお休みが取れます。1年間のうちに公休以外に健康増進休暇が4日あり、自分の予定に合わせて申請することができます。

Q7.入職後のフォロー体制で記憶に残っている出来事はありますか?
就職して3か月目くらいに初めてインシデントを起こしてしまいました。そのあとプリセプターの先輩にしっかり振り返りをしてもらい、2度と同じインシデントを起こさないようにどんなことに気をつけないといけないかなど指導してもらいました。この出来事は今でも記憶に残っています。

Q8.貴院にフィットすると思う人物像を教えてください
急性期の患者様が多く、疾患も複雑だったりするため、たくさんの経験を積むことができます。さまざまな疾患を勉強したいと思っている人には最適だと思います。

Q9.現在就職活動中の求職者の方に、一言メッセージをお願いします!
私は今整形外科で働いています。足や腰、手など痛みを感じ日常生活に支障がでてしまっている患者様が多く入院しています。手術やリハビリを通じて日々、痛みが軽減しできることが増え、元気に退院していく姿をみることが大変うれしくやりがいを感じながら仕事をしています。就職活動中のみなさんが当院に就職し、一緒に働けることを楽しみにしています。

page top